原材料

ドッグフードの善し悪しは原材料で決まる

家族同然のワンちゃんには、美味しいドッグフードを食べてもらいたい。
これは飼い主さんであれば、誰もが思っていることですね。
ホームセンターやスーパーマーケットに行けば、種類豊富なドッグフードがズラッとところ狭しと並んでいますので、はじめて犬を飼うという方は特に一体どれを選べば良いのか、迷ってしまうことでしょう。

少しでも良いものを選びたいのは山々ですが、ではドッグフードの善し悪しは、一体何で決まるのでしょうか。
それはやはり、配合された原材料ではないでしょうか。
人間が食べるものでも、使用されている原材料が良いものほど、良質の食品であるとされていますし、栄養価も高く、当然値段もそれだけ高価になります。

では、ワンちゃんの主食となるドッグフードの原材料には、どんなものが含まれていて、どんなものが良くてどんなものが悪いとされているのでしょうか。
ワンちゃんは肉食ですので、ドッグフードのメインとなる原材料は肉となります。
チキンやラム、豚などのお肉の質が、そのドッグフードの善し悪しを大きく左右するのですね。

人間の食べ物のように、厳しい規制のないドッグフードは、あまり良くないものだと、病死、事故死した動物のお肉や、ホルモン剤を投与された肉が使用されているのです。
これにはとても驚かれる方も多いと思いますが、これが現実なのです。
人間にはとても食べられないような肉が使用されたものもたくさん販売されているのが今のドッグフードの現状なのです。

ただ、どれもそのようなものではなくて、ドッグフードにもランクがあって、良質のプレミアムフードと呼ばれるものには、人間でも食べられる肉が使用されていますし、危険性のある添加物も一切使用されていません。
他にもドッグフードの原材料で、小麦粉やトウモロコシなどの穀物がメインで配合されたものもあるのですが、これも肉食のワンちゃんにとってはあまりおすすめできません。
穀物がメインのものは、コストが安くなるのですが、ワンちゃんにとっては、消化が悪いのですね。

このページの先頭へ