原材料

低アレルギーのドッグフード

人間と同じようにワンちゃんにもアレルギーがあるのです。
アレルギーとは、アレルギーの起因物質であるアレルゲンに対して、体の免疫反応が過剰に起こってしまうことです。
これが体の炎症や痒みとなって現れてくるのです。

これは人間でもワンちゃんでも全く同じことですね。
ワンちゃんには、食物アレルギー以外にも、空気中のアレルゲンが原因となって体に痒みなどを起こすこともあります。
空気中のアレルゲンとは、花粉やダニなどのハウスダストになります。

ワンちゃんの食物アレルギーでは、特に耳の部分に痒みがよく現れてくるようです。
季節を問わず、頻繁に耳に異常な痒みなどが現れる場合には、食物アレルギーを疑ってみてください。
このような皮膚の痒み以外にも、体からフケがたくさん出てきたり、下痢をすることもあります。

市販のドッグフードには、いろいろな種類の食品が含まているので、どの食品に対してワンちゃんがアレルギー反応を起こしたのかは、すぐには判断できないでしょう。
また、市販のドッグフードには、保存料や酸化防止剤、着色料などの人工的な添加物もたくさん入っているので、このような添加物に反応している可能性もあります。
一般的にワンちゃんの食物アレルギーのアレルゲンとなりやすい食品としては、小麦粉やとうもろこしなどの穀類、他にも質の良くない牛肉などがあげられます。

逆に低アレルギーとされている食品は、ラム肉やお魚、野菜などとなっています。
ワンちゃんにアレルギー検査をすることも出来ますが、この検査だけで原因ははっきりと特定できないので、あくまでも参考程度にしかならないのです。
もしも自分の飼っているワンちゃんが食物アレルギーの疑いがある場合には、防腐剤などの化学添加物の入っていない良質のドッグフードに切り替えたり、低アレルギーのドッグフードも市販されているので、そのようなドッグフードに変えてあげると良いでしょう。
このようにして食物アレルギーの原因となっている食品を取り除くことも大切ですが、ワンちゃん自身の体を丈夫にしてあげて、抵抗力を付けることが一番のアレルギー対策になるのです。

↓犬を飼う前に準備しておきたいこと
 

このページの先頭へ