原材料

食物アレルギーをケアするドッグフード

人間の子供でも最近とても多い食物アレルギーですが、犬にも食物アレルギーが多いようです。
犬の場合でも食物アレルギーと空気中の花粉やハウスダストがアレルゲンとなっている場合もあるようです。
低アレルギーのドッグフードに切り替えたりすることで、アレルギー症状として現れていた体の痒みや下痢などの症状も、改善できることでしょう。

しかし犬の体に抵抗力をつけてあげることが一番の解決方法で、食べ物やハウスダストなどを問わずに、アレルギーに負けない抵抗力のある丈夫な体になれるのです。
元々肉食である犬は、トウモコロシや小麦粉などの炭水化物の消化には向いていない体なのです。
ドッグフードの中にはこれらの穀物類が配合されているものも多く、その配合されている割合にもよりますが、大量に穀物が配合されている場合には、犬も食物アレルギーを起こしやすくなるでしょう。

食物アレルギーをケアするドッグフードとは、この穀物が使用されていないドッグフードなのです。
市販されている安いドッグフードには、特にこのコストの安い穀物類が複数含まれていることが多く、その割合もとても高いので注意が必要です。
犬の体にあった、良質のたんぱく質がメインで配合されたドッグフードを与えてあげることが大切なのですね。

そして犬に食物アレルギーを起こさない丈夫な体になってもらうには、消化吸収の良い食事を与えてあげることが一番です。
犬にとって消化吸収の良い食べ物とは肉で、高タンパクの食事に抵抗した消化器官になっているのです。
さらに犬の健康維持にはアミノ酸がとても大切で、このアミノ酸は、動物性たんぱく質に豊富に含まれている成分です。

また一口にたんぱく質といってもその品質によって吸収率を左右します。
品質の良いたんぱく質ほど、犬の消化率が良いのです。
ドッグフードをふやかしてあげるとさらに良いでしょう。
食物アレルギーにならない、抵抗力のある体を作るためには、穀物不使用のドッグフードや、良質の肉がメインとなった高タンパク質のドッグフードなどを与えてあげることがおすすめです。

このページの先頭へ