原材料

ドッグフードの原材料と安全性

愛犬が毎日食べるドッグフード。
これは飼い主が責任を持って、愛犬の健康のことを考えて安全なものを選んであげたいものですね。
ドッグフードの原材料になるのは、まずお肉です。

豚やラム肉、チキンなどの動物性のお肉が使用されたドッグフードはお値段も良くなりますが、お肉がメインの原材料となっているものであっても、使用されたお肉の質には大きな幅がありますので、きちんと調べることが大切です。
安価なドッグフードの場合には、メインの原材料がお肉であっても、そのお肉が病死した動物のお肉であったり、事故死した動物のお肉であることもあるのです。
しかしこのような質の悪いお肉でない、ホルモン剤なども使用されていない家畜のお肉が使用された、人間でも食べることのできるお肉が使用されたドッグフードの場合には、お値段もどうしても高くなります。

原材料には、お肉以外にも小麦粉やとうもろこしなどがメインで配合されている物もあります。
お肉がメインの原材料となっているドッグフードと比較して、小麦粉など穀物がメインのものは値段も安くなりますが、愛犬の健康のためにはあまりおすすめできません。
その理由は、小麦粉やとうもろこしなどの穀物類は、本来肉食であるワンちゃんにとっては、消化の悪い食べ物なのです。

コストは安いですが、愛犬の健康のためには、メインはお肉で作られているものがおすすめなのです。
人間の食品のように安全性が不透明なドッグフードですから、飼い主さんがしっかりと知識を持って、選んであげることがとても大切になってきます。
安全性を考えてドッグフードを選ぶ際に基準となってくるのが、やはり価格です。

価格が高いものは、それだけ良質な素材が使用されていますし、添加物も極力排除されていたりと、安全性も高いものになっています。
ドッグフードにはランクがあって、1キロあたり1000円以上で販売されているプレミアムドッグフードや、ホリスティックフードなどが、安全性も確かですので、おすすめです。

このページの先頭へ