原材料

人が食べても安全な無添加ドッグフード

ドッグフードを人が食べる、と聞くと、驚きますよね。
食べて大丈夫なの!?と思ってしまう方がたくさんいることでしょう。
しかしよく考えてみれば、逆にドッグフードを人間が食べることができない、というのもおかしなことではないでしょうか。

それだけ巷には、人間が食べることのできない危険なドッグフードがたくさん販売されていて、それが普通である世の中になっているということなのです。
日本では、2009年になってはじめてペットフードの安全法が施行されたものの、まだまだ質が良いとは言えないのが現状なのです。
人間の食べるものとは違って、ペットの食べ物に対する規制はとても緩くて、危険性のある添加物や原材料が使用されたフードがたくさん販売されています。

飼い主さんは、愛犬の健康を守るためにも、毎日愛犬が食べるドッグフード選びにはもっと慎重になりたいものですね。
スーパーマーケットなどで非常に安く売られているドッグフードには、人間がとても食べられないような原材料が使用されていたり、危険性のある添加物が大量に使用されていたりすることもあります。
一方ではネット通販や動物病院などでは、人が食べても安全な無添加のドッグフードが販売されています。

これらの無添加ドッグフードには人間が食べても安全な豚や魚などの動物性のたんぱく質が配合されています。
また犬の健康を考慮して必要なビタミンやミネラルなどもバランスよく配合されています。
危険性のある添加物も使用されていない無添加のドッグフードであれば、飼い主さんも安心ですね。

このような良質な無添加ドッグフードは、やはり値段も良いのもが多いようです。
しかし愛犬の健康のことを考えれば、値段以上の価値があるはずです。
愛犬にいつまでも元気で長生きしてもらえば、動物病院にお世話になることもないでしょうから、結果的には安くつくのではないでしょうか。
愛犬も元気で、美味しい食事ができるのが一番ですね。

このページの先頭へ